HOME > 近畿支部について > 支部長あいさつ

支部長あいさつ




平成28年度 日本弁理士会 近畿支部 支部長 小森 久夫




 平成28年度4月1日から、引き続き日本弁理士会近畿支部長の任に当たります小森久夫です。日頃は、近畿在住の関係者の方々に大変お世話になっています。
 
 弁理士は、特許、意匠、商標等の知的財産に関する我国唯一の国家資格(業務独占資格)であり、また、日本弁理士会近畿支部は、近畿地方の弁理士を会員とする唯一の公的な組織であり、約2300名の弁理士で構成されています。

 ご承知のように資源のない我が国が今後とも世界の中で産業競争力を維持していくためには、特許、意匠、商標、ノウハウ等の知的財産の保護と活用がとても大切です。様々な統計によりますと、国の特許出願総数が産業の活性化度合いを示すことが 明らかであるとされ、また、知的財産を保有する企業は、そうでな い企業に比して相対的に業績が上がっていることが証明されています。
 しかし、残念ながら、ここ10年、我が国の特許出願総数は漸減しつつあり、特に中小企業の知的財産保有件数が十分でなくなってきているのが実情です。

 上記の状況に鑑み、経産省や特許庁は様々な政策に取り組んでいますが、我々日本弁理士会近畿支部も、近畿地域で事業を営んでおられる企業、個人の方に出来るだけのサポートをしていきます。
 平成28年度は、具体的には、以下のように中小企業に対する支援事業を拡大します。
(1)知的財産コンサルティングが出来る弁理士を増やし、域内の中小企業の方に対し、発明の発掘から権利活用に至るまでのアドバイスをする知財コンサルティングを強化します。
(2)知財総合支援窓口への常駐弁理士派遣の協力をします。
(3)日本弁理士会近畿支部での無料相談を二人・1時間体制にすることで内容・時間とも充実させます。
(4)グローバル化に伴って外国へ進出される中小企業向けに、役に立つ海外知財情報や海外出願費用援助情報等をセミナー等で適宜提供し、低コストで効果的な海外特許や商標を取得できるよう支援いたします。

 以上の支援事業のほか、日本弁理士会近畿支部では、パテントセミナーや学校等の教育機関に対する知財教育支援など、 様々な社会貢献活動を行っています。詳しくは、このホームページをご参照頂きたいと思いますが、近畿支部とともに2300名の弁理士全員が地域の方に信頼されるよう、不断の努力をしてまいりたいと思います。
 知財で元気な近畿に!をキャッチフレーズとして、今後とも皆さまのために活 動をしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。