HOME > 近畿支部について > 研究活動 > 最高裁判決要約

最高裁判決について

事件名をクリックいただくと、事件の概要、要約のコメントがご覧いただけます。

1 平成20年4月24日判決 平成18年(受)1772号
特許権に基づく販売差止等請求事件
事件名
:ナイフの加工装置事件
キーワード
:訂正審判、再審事由、訴訟遅延
関連条文
:特許法第104条の3第2項、民訴法338条1項8号
主文
:原告の上告を棄却する。

執筆者/高瀬  彌平

2 平成20年7月10日 最高裁 平成19年(行ヒ)第318号
特許取消決定取消請求事件
事件名
:発光ダイオードモジュール事件
キーワード
:訂正請求,一部訂正
関連条文
:特許法旧120条の4
主文
:(1)原判決のうち,特許第3441182号の請求項1に係る特許の取消決定に関する部分を破棄する。
(2)特許庁が異議2003-73487号事件について平成18年2月22日にした決定のうち,特許第3441182号の請求項1に係る特許を取り消した部分を取り消す。(以下略)

執筆者/早坂  巧

3 平成19年11月8日 最高裁 平成18年(受)第826号
リサイクル・アシスト対キャノン事件
事件名
:インク・カートリッジ事件
キーワード
:特許権侵害,消尽
関連条文
:特許法1条,2条3項
主文
:本件上告を棄却する。

執筆者/早坂  巧

« 戻る