HOME > 関西会について > 地区会について > 京都地区会 > 平成22年度 京都地区会 弁理士の日記念講演会 報告書

平成22年度 京都地区会 弁理士の日記念講演会 報告書

全国一斉無料知的財産相談会案内はこちら


開催日時 平成22年6月26日(土)午後1時~午後4時
会  場 メルパルク京都 6回会議室C
開催内容 【講演1】
「大学の先端医学領域における研究から生まれた発明の権利化と活用に係わる課題」
寺西 豊 氏 (京都大学特任教授)
【講演2】
「中小企業の特許活用法」
南部 邦男氏 (株式会社ナベル代表取締役)
来場者数 45名
報 告 京都地区会における平成22年度弁理士の日記念講演会は、昨年に引き続き「知財の活用事例」というテーマで開催されました。第1部では、京都大学特任教授の寺西豊氏に「大学の先端医学領域における研究から生まれた発明の権利化と活用に係わる課題」をテーマとして、また、第2部では、株式会社ナベル代表取締役の南部邦男氏に「中小企業の特許活用法」をテーマとして、それぞれ1時間半ずつ講演して戴きました。講演は、とても有意義なものであり、公演後も多数の質問がなされました。また、受講者の評判も好評でした。




執筆者:京都地区会会長 大坪隆司

全国一斉無料知的財産相談会案内はこちら


« 戻る