HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 高槻市立日吉台小学校

「知財授業報告書」 高槻市立日吉台小学校

日  時 平成25年1月24日(水) 午後13時40分~14時25分
場  所 高槻市立日吉台小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 6学年3クラス 94名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 日吉台小学校は、大阪と京都のほぼ中間に位置する高槻市の北部に位置し、JR高槻駅からバスで約10分ほどの場所にあります。この小学校は、昔から頭の良い子どもさんが多いと評判の学区内にあり、それだけに緊張の面持ちで出かけました。
授業では、ベテラン道坂委員の巧みな司会により児童達の活発な意見が相次ぎ、また寸劇では、しどろもどろのF博士役に対し、担任の先生による怪人X役が見事であり、特に怪人Xが出てきた場面では授業で一番盛り上がりました。やはり予想どおり頭の良い児童達ばかりで、発明とは何なのか、特許権とはどういったものなのか、そういった知識だけでなく、想像力も非常に豊富で、こちらが驚かされる一方でした。また、発表まではせずとも手を使って真剣に考えてくれていた児童も多く、今回の授業を通して、児童達誰もが、発明というのは身近なものであると感じてくれたように思いました。
あまりの盛り上がりで最後のまとめ部分が終わりのチャイムと重なり、また授業の後すぐにクラブ活動が始まるということで、最後は慌ただしくなってしまいましたが、発明品を名残惜しそうに見つめる児童達のこれからを楽しみに思い、小学校を後にしました。


    

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 滝川 弘子、道坂 伸一 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 滝川 弘子


« 戻る