HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」大阪府堺市立神石小学校

「知財授業報告書」大阪府堺市立神石小学校

日  時 平成25年1月29日(水) 午後13時50分~14時35分 1コマ
場  所 堺市立神石小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 5学年2クラス 45名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 今回は、南海電車に揺られて、赤岡弁理士とともに海沿いにある石津川駅から少し離れた神石小学校に伺いました。神石小学校は、歴史ある小学校であり、創立130年ほどとのこと。校舎に入ると、壁一面に張られた絵や注意書きが書かれた黒板、格子状の下駄箱、金魚を飼育している水槽などがあり、廊下を抑え気味に走る子どもたちを見ると、懐かしい気持ちになりました。
授業では、赤岡弁理士に司会をご担当いただき、担任の先生は怪人Xを、そして私、上西は博士を担当させていただきました。
最初は緊張気味だった子どもたちも、赤岡先生の巧みなお話にだんだん引き込まれ、途中からは質問に対しても、ハイハイと先を争っていっせいに手を上げて答えてくれるようになりました。
そして、強面の先生(担任は男の先生)が変装して登場すると、子どもたちは大盛り上がり。先生の堂に入った悪役ぶりが功を奏したのか、寸劇後の質問では、ほとんどの子どもたちが怪人Xに駄目だしという結果になりました。
ちょうど最後のクイズの答え合わせをしている最中にチャイムが鳴り、あっという間の45分でした。
今回の授業では、弁理士を知っていますか?との質問には誰も手が上がらないといった状況でしたが、最後には、子どもたちだけでなく、先生方にも、弁理士や発明について関心をもっていただけたようでした。


   

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 上西 信宏、赤岡 和夫 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 上西 信宏


« 戻る