HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 兵庫県神戸市立湊小学校

「知財授業報告書」 兵庫県神戸市立湊小学校

日  時 平成25年10月18日(金) 10:40~11:25
場  所 神戸市立湊小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 6学年3クラス83名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
コメント 今回は、JR神戸駅から徒歩約5分の所にある湊小学校に行ってきました。すぐ傍が神戸ハーバーランドという立地であったため都心にありがちな小さな小学校だと勘違いしていましたが、実際は、広い敷地の中に大きなグランドや校舎がある小学校でした。授業を行った音楽室も、3クラス83人を余裕で収容できる大きな教室でしたが、それだけでなく立派な円弧状のひな壇まで備え付けられていました。児童はひな壇に座って話を聞いていましたが、ひとり一人の顔がよく見えるため反応を確かめやすく、一体感のある授業をするのに適した教室でした。授業の内容はいつもの「君も今日からエジソン」で、担任の先生に怪人X役を担当して戴き、古田弁理士が司会役を、私がF博士役をそれぞれ担当しました。担任の先生は、お若いにもかかわらず非常に指導力のある方で、児童をよく統率しておられたので進行はスムーズでした。また、怪人Xも落ち着いてそつなく演じられていました。講師が2人体制になってからは、担任の先生に怪人X役をお任せすることが多いのですが、小学校の先生は皆さん学芸の指導などをされていているせいか演技がお上手で、いつも感心させられます。司会の古田弁理士は、落ち着いた口調とポイントを突いた台詞まわしで、非常にわかりやすくお話していました。時間配分もばっちりで、計ったようにぴったりの時間でプログラムは終わりました。寸劇の途中、「F博士の正規品と、怪人Xの安い模倣品と、どちらを買いますか?」との問いかけに対して、当初、たくさんの生徒が模倣品を買う方に手を挙げていましたが、古田弁理士の丁寧な説明により、正規品を買うことが産業の発達に寄与することになると理解してくれたように思います。久しぶりに知的財産特別授業を担当させて戴きまして、児童たちと接することの楽しさを思い出すことができました。



   

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真 古田 昌稔、右写真 小林義周 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 小林義周


« 戻る