HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 青少年のための科学の祭典2013奈良大会

「知財授業報告書」 青少年のための科学の祭典2013奈良大会

日  時 平成25年11月23日(土)10時~16時
場  所 奈良女子大学
名  称 青少年のための科学の祭典2013奈良大会 「知的財産特別授業」
内  容 「きみだけのオリジナル回転台を発明しよう」「君も今日からエジソン」
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
担  当 永井秀男弁理士 光明寺大道弁理士 西本泰造弁理士 大西正夫弁理士
コメント  日本弁理士会近畿支部は、本年も「青少年のための科学の祭典2013」に参加・出展しました。奈良での開催としては4度目の参加になります。この祭典は、奈良女子大学、奈良教育大学、奈良工業高等専門学校が順繰りに会場になるため、一回りして奈良女子大学に戻ってきたという感じです。
当日は台風接近により12時で中断された昨年とは違って、小春日和という言葉がぴったりのよい天気に恵まれました。  
朝10時の開場時から数多くの家族連れや子ども達の仲良しグループが来場されました。「きみだけのオリジナル回転台を発明しよう」の発明工作授業では、昨年同様、来場者があったら待ってもらうことなく席に案内し、すぐに工作を始めてもらえるようにしました。開始時間を決めることなく、すぐに工作が始められるためか、続々と参加者が集まります。小学生、中学生はいうまでもなく幼稚園児、高校生、大学生までもが工作にチャレンジしてくれました。
工作途中~終了後、うれしそうにビー玉などを持ち帰る子どもの笑顔はとても印象的で、私達にとってもいい思い出になりました。 
昼食時間を挟んでの「君も今日からエジソン」の知的財産授業では、多くの子どもたちが元気よく参加してくれました。ただ、この種の大会への参加者は、工作大好き、手を動かすこと大好きな子どもたちが大部分ですので、発明授業は若干ですが参加者が少なかったのが残念でした。
 今後、このような科学の祭典では、知的財産授業より、発明工作授業を複数実施し、工作を通じて、知的財産を教授したいと思いました。


   

サイエンスフェスタでの講師陣の様子



近畿支部知財授業担当 大西 正夫


« 戻る