HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 大阪府茨木市立沢池小学校

「知財授業報告書」 大阪府茨木市立沢池小学校

日  時 平成26年1月28日(火) 9:40-10:25、10:45-11:30
場  所 茨木市立沢池小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 5-6学年6クラス190名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
コメント  これまで近畿一円で多くの知財授業が行われてきましたが、今回の茨木市立沢池小学校は、意外にも大阪府茨木市では初の実施となります。そのため、茨木市総務部から市報掲載のため写真取材に来られるなど、茨木市からも注目をいただきながらの知財授業となりました。
ところで、当初は、5年生および6年生それぞれ3クラスずつに対して授業を行う予定でしたが、残念ながら6年生1クラスがインフルエンザのため学級閉鎖となってしまい、5年生3クラスと6年生2クラスに対して知財授業を実施しました。
 今回、講師として私と一緒にお邪魔した道坂伸一弁理士は、沢池小学校のPTA会長をしておられるとのことで、校長先生や教頭先生はじめ先生方とは既にお知り合いであり、多くの先生方やPTA役員が見学される中でも和やかな雰囲気で知財授業が行われました。
 授業は、道坂弁理士の軽妙な語り口で生徒の気持ちをうまく誘導しつつ進行しながら、担任の先生にも怪人Xを熱演していただき、生徒たちも大いに盛り上がりました。実際に、5年生は、自分のアイデアを披露するため先を争って元気に手を挙げてくれ、6年生は5年生よりは多少控えめでしたが、授業内容に素直に反応し、また質問にはしっかりと答えてくれました。
 PTA会長が自ら教壇に立つという場面はほとんどないと思われますので、生徒や先生方にも印象に残る知財授業になったのではないかと思います。


   

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 寺内 伊久郎、道坂 伸一 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 寺内 伊久郎


« 戻る