HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 京都府京都市立朱雀第八小学校

「知財授業報告書」 京都府京都市立朱雀第八小学校

近畿支部知財授業担当 竹 美穂


日  時 平成27年1月27日(火) 13:55-14:40
場  所 京都市立朱雀第八小学校
名 称 「知的財産特別授業」
内 容 君も今日からエジソン
対 象 6学年2クラス56名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
コメント  今回、私たちは、二条城の隣の駅である円町の近くにある京都市立朱雀第八小学校を訪問致しました。円町は、京都市立朱雀第八小学校だけでなく、花園大学、洛陽総合高校や幼稚園があり、落ち着いた学校街といった風情でした。
 授業の対象は、6年生の2クラスであり、最高学年なので、落ち着いた様子でした。今回、私にとって初めての知財授業であり、子供たちの顔を見るまで緊張していましたが、落ち着いた様子の子供たちをみて緊張がほぐれました。
 今回は、中山弁理士にメインの司会を担当して頂きました。子供たちは、手を挙げるのも恥ずかしそうな様子でしたが、中山弁理士にあてられると恥ずかしそうながら、一生懸命答えてくれました。教頭先生が怪人Xをして下さり、子供たちも楽しそうにしていました。
 授業が終わった後、発明品として授業で紹介したアイテムに興味を示し、見に来たり、触ったりしに来た子が沢山おり、授業を興味深く聞いていてくれたのだなぁととても嬉しく思いました。
 是非、またこちらで授業をさせて頂きたいと思いました。


 

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 中山 聡、竹口 美穂、 各弁理士)


« 戻る