HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 大阪府東大阪市少年少女発明クラブ

「知財授業報告書」 大阪府東大阪市少年少女発明クラブ

近畿支部知財授業担当 五郎丸 正巳


日  時 平成27年2月28日(土) 13:00-15:30
場  所 東大阪市少年少女発明クラブ
名 称 「知的財産特別授業」
内 容 君も今日からエジソン、発明工作授業
対 象 小4~中1学年 25名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
コメント  世界に誇る技術を持った中小企業が集積する東大阪市。東大阪市では、小・中学生を対象に月2回、東大阪少年少女発明クラブが開催されています。東大阪市少年少女発明クラブの要請により、その活動の一環として、日本弁理士会の「知的財産特別授業」を実施させていただくことになりました。
 今回、私達の授業を受けてくれるのは、東大阪少年少女発明クラブに所属する、小学4年生から中学1年生の合計25人。大半が男子生徒ですが、女子生徒も3名います。他の少年少女発明クラブ(淡路少年少女発明クラブ)の関係者や、参加生徒の父兄が参観する中、私達の授業が始まりました。
 「君も今日からエジソン」の司会を務める森俊也弁理士が、「『弁理士』を知っている人はいますか?」と問い掛けます。この問い掛けは、知財授業の実施校のほぼ全てで行っていますが、ほとんどの場合、手を挙げる生徒の数は零です。この質問に、東大阪少年少女発明クラブでは、多くはないものの、複数の生徒が手を挙げます。流石は「発明クラブ」。驚かされました。
 驚かせられることはまだまだ続きます。「エジソンが何を発明したか知っていますか?」との問い掛けに、多数の手が即座に上がります。「電球と蓄音機です。」と、用意していた答えを2つとも回答してしまいます。「日本人が発明した発明品」を答えるクイズでも、ほとんどの生徒が正解を重ねていきます。どこの小学校にも「発明に詳しい生徒」はいるのですが、せいぜいクラスに1名か2名。だけど、今回の東大阪市少年少女発明クラブでは、ほぼ全員が「発明に詳しい生徒」でした。
 「君も今日からエジソン」のクイズコーナーでは、日本人の発明品として、「カップラーメン」、「回転寿司」、「乾電池」、「折る刃式カッターナイフ」および「シャープペンシル」の5つを紹介しました。「回転寿司」は東大阪市生まれの発明品であり、「折る刃式カッターナイフ」は、東大阪のお隣、大阪市東成区生まれの発明品です。日本人の発明品として紹介された製品が、東大阪に関係するものだと知って、生徒達はどこか誇らしげでした。
 「発明工作授業」は、鎌田雅元弁理士が司会を務めます。小学校の一コマよりも随分と長い1時間10分を使っての工作。小学校で「発明工作授業」を行う場合、工作に正面から取り組まない生徒が散見されるのですが、今回は、そんな生徒は皆無。どの生徒も、黙々と回転台の製作に没頭します。そして、生徒からは、「軸の強度が問題やと思うねん。」とか、「内側のレールの安定感が悪いな。」とか、熟練のエンジニアのような発言が飛び出します。
 「発明工作授業」で私が驚いたのは、多くの生徒が、自分の作品にオリジナリティを求めていたこと、そして、最後まで貪欲に完成を目指していたことの2点です。生徒達は皆、他人のやり方に流されることなく、自分のやり方を貫いて完成を目指しました。最終的に、全体の約1/3の生徒が完成しました。未完成に終わった生徒も、「家で完成させるから」と、追加の画用紙を要求していました。
 東大阪市少年少女発明クラブの生徒達の、「発明」や「ものづくり」に対する意識の高さに驚かされました。今回の日本弁理士会の知的財産特別授業を受けて、生徒の発明好きが、より一層高じたのであれば、これ以上の喜びはありません。このような生徒が支える「将来の東大阪」は、現在以上に「ものづくりの町」として発展し続けることでしょう。


 

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(五郎丸 正巳、森 俊也、鎌田 雅元 各弁理士)


« 戻る