HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 舞鶴市立余内小学校

「知財授業報告書」 舞鶴市立余内小学校

近畿支部知財授業担当 中山 聡


日  時 平成27年1月22日(木) 13:50-14:35
場  所 舞鶴市立余内小学校
名 称 「知的財産特別授業」
内 容 君も今日からエジソン
対 象 5学年2クラス74名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
コメント  今回の知財特別授業の教室となった「余内小学校」は、京都府北部の舞鶴にあります。舞鶴湾と弥仙山・千石山などの山々に囲まれた、豊かな自然を感じさせる所です。当日はあいにくの小雨でしたが、思っていたほど寒くなく、また積雪が無かったことが幸いでした。
 今回、吉岡弁理士と二人で、「君も今日からエジソン」を題材とした知財授業を担当しました。参加してくれた子供たちの元気が本当に良かったため、授業はとても明るくて楽しいものになりました。吉岡弁理士は、「子供たちの反応一つ一つを丁寧に拾い上げ」、「一人でも多くの子供が体験できる」ように、授業をされていました。小学校の担任の先生扮する怪人Ⅹ役も素晴らしく、吉岡弁理士の振りに上手に合わせ、授業を盛り上げていただきました。
 男の子も女の子も、吉岡弁理士の投げかけに対して積極的に手を挙げて、また、「チャッピー」や「サラカップル」などの発明品に大きな興味を示してくれました。このような子供たちに対して、私は「本当に素直で元気いっぱい」という印象を強く持ちました。もしかすると、今まで私が知財授業で出会った子供たちの中で、一番元気があったかもしれません。
 余内小学校は、「自ら学び自ら考える子」「思いやりのあるやさしい子」「こころもからだも健康な子」を理想とする子ども像としています。元気よく授業に参加し、よく考え、お互いに協力してアイデアを出してくれた子供たちは、この理想像を体現していると思います。このような素晴らしい子供たちが、この知財授業をきっかけに「発明」を意識してくれることを、心から願います。


 

興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 中山 聡、吉岡 亜紀子 各弁理士)


« 戻る