HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 大阪市立桃陽小学校

「知財授業報告書」 大阪市立桃陽小学校

近畿支部知財授業担当 福西 隆志


日  時 平成26年12月1日(月) 10:40-11:25
場  所 大阪市立桃陽小学校
名 称 「知的財産特別授業」
内 容 君も今日からエジソン
対 象 6学年2クラス81名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財普及・支援委員会
担当者 村上 太郎弁理士、福西 隆志弁理士
コメント  JR環状線の鶴橋駅から徒歩数分の桃陽小学校で小学6年生を対象に知財授業をさせて頂きました。最初は80人の児童を前に圧倒される気持ちもありましたが、児童たちが元気いっぱいで気さくに話しかけてくれましたし、質問を投げかけると積極的に手を挙げてくれたので、楽しく和気あいあいと授業を進めることができました。授業中は、発明品の実物を用いて実演すると、児童は目を輝かせて興味を示してくれましたし、劇では演技力のある先生にご協力頂けたこともあって、大いに盛り上がりをみせました。
 わからないことをわからない、おもしろいことをおもしろい、悪いことを悪い、と素直に表現する児童たちの学習姿勢は微笑ましく、淡々とした日常業務とは異なる面白みを味わうことができました。今回の授業を通じて、子供たちに発明の面白さが伝わっていたらうれしいですし、児童にとって思い出の1コマとなってくれれば幸いに思います。


« 戻る