HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」兵庫県宍粟市立染河内小学校

「知財授業報告書」兵庫県宍粟市立染河内小学校

日  時 平成22年9月6日(月) 11:30-12:15
場  所 宍粟市立染河内小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 5、6学年2クラス20名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント  今回は宍粟市立染河内小学校にやって来ました。読み方が難しい学校名ですが、正解は「シソウシリツ ソメゴウチショウガッコウ」だそうです。染河内小学校は中国自動車道山崎インターから北に30分ほどの兵庫県の山奥にある小学校です。小学校を取り囲む深い山並みに心を洗われた我々は、いざ、知財授業に向かいました。今回は5、6学年2クラス20名を相手にした知財授業です。
 今回は岡本弁理士が総合司会を、水田弁理士が博士役を務めます。本職の教員、そして、本物の町の発明家を思わせる弁理士先生方の演技につられ、私も思い切り怪人Xを演じました。「サラカップル」、「カタシャンボトル」、「肩ブレラ」(※)と矢継ぎ早に登場する発明品に子どもたちは徐々に引き込まれ、クイズタイムでは先生方も参加する盛り上がりを見せて無事授業は終了しました。元気に挙手発言する5年生たちとは対照的に、じっくり考えて回答の機会を待つ6年生たちが印象的でした。やはり2学年同時の授業だったからでしょうか、6年生たちの大人振りが目立ちました。6年生たちは体の大きい子が多かったことにも驚きました。
 さて、我々の活動は近畿の産業界の将来を支える子どもたちの知財意識の向上に少しは貢献できたでしょうか。また、山奥で学ぶ小学生たちの教育の機会均等にも少しは貢献できたでしょうか。大きくなった子どもたちが、少しでも知財に関係する仕事に就いて、そして、少しでも弁理士の存在を身近に感じてくれたなら、我々としては嬉しい限りです。



興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 大野 義也、岡本 智之、水田 愼一 各弁理士)

※「肩ブレラ」はダーレン ピーターソンの登録商標です。



近畿支部知財授業担当 大野 義也


« 戻る