HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 堺市立八上小学校

「知財授業報告書」 堺市立八上小学校

日  時 平成21年12月11日(金) 午後2時45分~3時30分
場  所 堺市立八上小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 6学年3クラス 90名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 今回は南海高野線初芝駅から東へ1.8km程離れた所にある八上小学校へ行ってきました。授業の内容はいつもの「君も今日からエジソン」で、司会役を高山弁理士が、怪人X役を堀家弁理士が、F博士役を私が、それぞれ担当しました。
授業を行う場所が体育館であり児童も90人と多かったため、いつもよりも大きな声を出してしゃべること、身振り手振りも大きくして遠くからでも見えるようにすることを心掛けました。そのためか寸劇では少し熱が入り過ぎてしまい、アドリブがたくさん入った少し暴走気味の展開になってしまいました。それでも、高山弁理士の冷静な司会のお蔭で、なんとか無事にプログラム通りに授業を進めることができたと思います。
寸劇では、苦労して完成させた発明を模倣されてしまうF博士を私が可哀想に演じ過ぎ、発明を模倣して楽に金儲けをする怪人Xを堀家弁理士が名演技で憎たらしく演じきったため、怪人Xの模倣品を買う方に手を挙げてもらいたい場面で、「F博士の正規品と、怪人Xの安い模倣品と、どちらを買いますか?」との問いかけに対しては、たくさんの生徒がF博士の正規品を買う方に手を挙げていました。思想の押し付けになってしまったかなとも反省しましたが、その後の説明によって、F博士の正規品を買うことが産業の発達に寄与することになる事を多くの児童が理解してくれたように思います。



興味津々の児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 堀家和博、高山嘉成、小林義周 各弁理士 )



近畿支部知財制度普及委員  小林 義周


« 戻る