HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 河内長野市立楠小学校

「知財授業報告書」 河内長野市立楠小学校

日  時 平成22年2月3日(水) 午後1時30分~2時15分
場  所 河内長野市立楠小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 5学年4クラス 124名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 今回の知財授業は、南海高野線千代田駅から徒歩約10分のところにある、「河内長野市立楠小学校」で行われました。この日は全校マラソン大会が開催されており、寒空の下、運動場を何周も元気に走っている児童および応援している父母の方々を横目に見ながら、校舎に入りました。
知財授業には、5年生4クラス124名という多くの児童が出席してくれました。知財授業の開始前は、元気な男の子たちのおしゃべりなどでざわざわした雰囲気でしたが、先生の「いまから始まりますので、静かにしてください」という一言ですぐにおとなしくなり、先生の注意に耳を傾ける児童の素直さに感心させられました。そのおかげで、知財授業の最初は、司会役の仲谷弁理士の授業を静かな状態で児童に聞いてもらうことができました。その半面、「今日の児童のリアクションは小さいのかな?」と少し心配になりましたが、すぐに杞憂となり、カタシャンボトルや肩ブレラ※の発明品を体験するあたりから積極的に手をあげてくれたり、大きな声で発言してくれるようになりました。知財授業の進行とともに児童のリアクションも大きくなり、クイズタイムでは、私たちからの投げ掛けや質問に多くの児童が大きな声かつまじめに答えてくれ、こちらも負けずに大きな声を出さなければ聞いてもらえないような状態になっていました。午前中にマラソン大会を終えたばかりとは思えないような児童の元気に触れて、私たちも児童からパワーをもらえたような気がしました。
知財授業終了後には、多くの児童が発明品のまわりに集まってくれて、先生に促されるまで教室に戻らないほどの興味を示してくれました。今回の知財授業で、発明および弁理士という職業に関心を持ってもらえたということを実感することができ、嬉しく思いました。



積極的な児童達に講義を行う講師陣
(左写真左から 石原広隆、仲谷實男、宮村憲浩 各弁理士)

※「肩ブレラ」はダーレン ピーターソンの登録商標です。



近畿支部知財制度普及委員  宮村 憲浩


« 戻る