HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 甲賀市立甲南中学校

「知財授業報告書」 甲賀市立甲南中学校

日  時 平成21年11月30日(月) 午前10時45分~11時30分
場  所 甲賀市立甲南中学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 3学年1クラス 30名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 今回訪問したのは、甲賀市立甲南中学校です。甲南中学校は草津から、草津線(単線)で30分乗車したところにある中学校です。都会から離れたのどかな地域でした。知財授業をしたのは、自由学習の1つである社会学習のクラスで、3年生の7つのクラスから、社会学習を選択した生徒達のクラスでした。知財授業の場所は別館の特別教室で行いました。司会者役、発明者役は知財授業の経験豊富な千原弁理士、水田弁理士がそれぞれ担当され、私が侵害者役を担当しました。
生徒達は、明るく、私たちの劇をじっくりと見てくれました。劇の要所で、盛り上がりがあり、生徒たちの素直さを見ることができました。また、発明者と侵害者のどちらがよいかの質問に対して、1回目は、侵害者の方を選択した生徒が約6割で、不安がありました。しかし、劇が進み、発明の保護の必要性を劇で演じ、2回目の質問時には、全員、発明者を選択しました。劇の内容をよく理解してもらえたと思いました。
授業の最後に質問を受けました。背広のバッジがなにであるかの質問があり、弁理士バッジであることを説明し、全員に見てもらいました。少し、弁理士にも興味を持っていただけたと思いました。



素直な生徒達に講義を行う講師陣
(左写真左から 光明寺大道、水田愼一、千原清誠 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 光明寺 大道


« 戻る