HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 栗東市立葉山中学校

「知財授業報告書」 栗東市立葉山中学校

日  時 平成20年2月19日(木) 午前11時50分~午後0時40分
場  所 滋賀県栗東市立葉山中学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 3学年 3クラス 118名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 東海道線 草津駅で草津線に乗り換え1駅目の手原駅で下り、栗東市の葉山中学校へ向かいました。葉山中学校は、目の前に近江富士(正式名称は三上山というそうです)を望む絶好のロケーションの地にありました。
葉山中学校からは毎年知財授業の依頼を受けて実施をしており、今年は3年目だそうです。しかし、私が葉山中学校を訪れるのは初めてです。久しぶりの知財授業で、しかも3年生3クラス118名の大人数に知財授業を行うのも初めてでしたので、緊張しました。
授業を受ける3年生は、公立高校の受験や卒業という大きな行事を控えているせいか、こちらからの質問に対してもなかなか反応がなく、積極的に知財授業に参加してくれません。そこで、知財授業をするわれわれも、生徒の興味を引くように説明を追加したり、生徒に手を上げてもらったり、生徒の中に入ってインタビューするなどの工夫をしました。
その効果があったのか、帰り際には、すれ違った女生徒2名から「今日は有難うございました」と言われました。生徒達の反応がなかったので心配していましたが、みんな聞いていないようでも、しっかり今日の授業を聞いていてくれていたのだと、女生徒の言葉に少し感動し、安心もして、家路につきました。



熱心に講義を進める講師陣
(左写真左から 仲谷實男、吉本力、水田愼一 各弁理士)



近畿支部知財授業担当 仲谷實男


« 戻る