HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 大阪市立三津屋小学校

「知財授業報告書」 大阪市立三津屋小学校

日  時 平成20年1月20日(火) 午後1時50分~2時35分
場  所 大阪市立三津屋小学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 6学年3クラス 90名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財制度普及委員会
コメント 今回は、大阪市淀川区の三津屋小学校を訪れました。三津屋小学校は、1926年に神津尋常高等学校(現神津小学校)の分校から独立開校した学校で、「あかるく つよく なかよく」という校訓のもと、「明るく、強く、仲良く伸びる子どもを育てる。」という教育目標を掲げておられます。
地元ということで、中塚弁理士がメイン司会に立候補され、川原弁理士がF博士、私が怪人Xを担当することになりました。
私はこれまで大阪市内の小学校で知財授業を行ったことがなく、当初、児童達がどのような反応をしてくれるのか、少々心配なところもあったのですが、6年生の児童達は皆、校訓・教育目標をそのまま具現化したように、講師からの質問に対し、我先にと積極的に手を挙げみんなの前で答えてくれ、私の心配は全くの杞憂に終わりました。
今回は、「お母さんの長電話」の代わりに新コンテンツ「肩ブレラ」※を使用しようということになりました。「肩ブレラ」は実演等で今まで以上に時間を要するとの情報があったので、泣く泣くチャッピー君達には出演をご遠慮頂いたのですが、それでも、中塚弁理士と児童達の地元コラボパワーでいつも以上に盛り上がり、時間を少々オーバーしてしまいました。
今回の知財授業を通じて、少しでも発明や我々弁理士の仕事に興味をもってくれ、今後に役立ててくれればと思います。



熱心に講義を進める講師陣
(左写真左から 中塚雅也、石津義則、川原健児 各弁理士)

※「肩ブレラ」は、ダーレン ピーターソンの登録商標です。



近畿支部知財授業担当 石津 義則


« 戻る