HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」大阪府堺市立大泉中学校

「知財授業報告書」大阪府堺市立大泉中学校

日  時 平成17年12月9日(金) 午後1時20分~2時10分
場  所 大阪府堺市立大泉中学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 君も今日からエジソン
対  象 2・3学年4クラス 96名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 弁理士制度普及委員会
コメント 今回の授業内容は、弁理士についての職業講話を含んだものでした。授業では、講師役もすっかり板に付いてきた近畿支部精鋭の弁理士達による寸劇が披露されました。寸劇当初の生徒達の意見は、「(侵害品でも)安い方がいいやん!」が多数でしたが(これには「さすが関西や~」と妙に納得)、寸劇が終わるころには、意見の大半が「発明者が助けられてよかった!」になっていました。また、寸劇後には、生徒達から多くの質問が寄せられました。
授業では、生徒達はとても素直な反応をしてくれます。熱心に聞いてくれる生徒がいる反面、退屈そうな生徒もいます。けれども今回、例え僅かな時間であっても、発明する喜びや大切さについて思いを巡らしたことは、きっとこの生徒達の将来の糧になってくれると思います。そういった点で、生徒達と貴重な時間を共有する我々講師の責務は重大です。
ところで、生徒達は、底冷えの講堂で体育座り。お尻が冷たくても、我慢して授業を受けてくれました。この場を借りて、「ありがとう」。



生徒さんからの質問に答える大西正夫委員・待機する大角菜穂子・水田愼一・村上太郎各委員



近畿支部弁理士制度普及委員会 副委員長 山口慎太郎


« 戻る