HOME > 知財支援活動 > 講師派遣 > 報告 > 講師派遣報告書 「一般社団法人滋賀県発明協会」

講師派遣報告書 「一般社団法人滋賀県発明協会」

日  時 平成 26年 3月 26日( 水)午後2時 ~4時
場  所 滋賀県工業技術総合センター別館(滋賀県栗東市上砥山232)
主 催 一般社団法人滋賀県発明協会
テーマ 「読んでみよう!考えてみよう!特許明細書 <基礎編>」
講 師 岸本忠昭 会員(登録番号9272)
受講者 16名
内 容

(1) 特許出願の出願書類を説明し、そのうちの請求の範囲及び明細書についてはより詳しく説明した。請求の範囲は権利書としての役割を果たし、明細書は技術説明書としての役割を果たすことを説明した。

(2) 請求の範囲の権利解釈の基本を説明した。権利抵触の検討は、構成要件ごとに区切って、各構成要件と商品とを対比しながら行い、すべての構成要件を備えるときに抵触し、一部の構成要件を外せば抵触しないことを説明した(均等論も少し)。

(3) 明細書を読む段階でのポイント(注意事項など)を説明した。
出願段階、中間段階、技術開発段階、製品の製造・販売段階、警告を受けた段階

(4) 特許公報を例に請求の範囲(請求項)の構成要件ごとの区切りの例を説明した。

(5) 特許公報(区切りの例)と実施品(図面で説明)との権利関係の問題を行った。基本的な例題(例題1)」と少し実務的な例題(例題2)を行い、抵触の有無の検討、利用発明と特許性の関係、利用発明と抵触の関係を説明した。

コメント
(所感/事業成果)
 参加者は16名と少なめであるが、講義内容は、解説半分、例題半分と受講者に考えてもらう内容であるため、この程度の人数が適当であったと思う。例題1,2をしながら説明したために、初心者の方にも理解してもらえたのはないかと思う。
 
例題2については代表的な2問(全6問)しか説明できなかったが、講演翌日に発明協会に、例題2の解答が欲しいとの問い合わせがあり、一部の受講者には興味ある内容であったと思う。

以上

 

執筆者:岸本忠昭