HOME > 知財支援活動 > 講師派遣 > 報告 > 講師派遣報告書「京都大学 諸外国の知財制度」

講師派遣報告書「京都大学 諸外国の知財制度」

日  時 平成27年6月23日(火)午前10時30分~12時
場  所 京都大学吉田キャンパス吉田南総合館 共西32講義室
(京都市左京区吉田二本松町)
主 催 京都大学
対象者 学部生 9名
テーマ 諸外国の知財制度
講 師 馰谷 剛志 会員(登録番号11837)
内 容  第10回の講義内容は、諸外国の知財制度を講義しました。
 冒頭、知財の武器としての重要性を種々の局面から説明し、ビジネスを念頭に置いた知財戦略が重要であり、世界の知財制度を知る意味はそこにあると説明し、その後、世界の知財制度を色々な切り口で説明しました。
 次に、知財戦略の重要性をグローバルな視点から説明しました。その後、世界の法体系を英米法・大陸法という観点から説明しました。
 そして、条約について、パリ条約の説明に始まり、PCTやマドプロ、ハーグ条約等主要な条約に関する説明を行いました。その後、法域別および各国別について説明しました。
 その後は、さらに各論ということで、特に留意すべき点を解説した後、最後の10分ほど外国出張で撮影した写真や、米国の最高裁の判決をもとにアップトゥーデイトな話をさせて頂きました。

以上
(執筆者:馰谷 剛志)