HOME > 初めての方へ > Q&A > 契約・交渉 > どのような場面でライセンス契約が必要であるかを教えてください。

契約・交渉について

Qどのような場面でライセンス契約が必要であるかを教えてください。
A

例えば、自社の製品が他社の特許権に抵触している場合、その製品は製造販売することができません。製造販売するには権利者とライセンス契約(特許実施許諾契約)を締結し、実施許諾を受ける必要があります。全く逆のケースで、他社製品が自社の特許権に抵触していて、特許発明を使わせても良いと考える場合にも、ライセンス契約を結びます。
抵触とは関係なく、他社から新たに技術(特許発明やノウハウ)を導入して新規事業を始めたい場合や、他社に自社技術を使ってもらいたい場合にも、ライセンス契約を結びます。

※特許権以外の知的財産権(意匠権、商標権、著作権など)についても、同様に権利対象の使用についてライセンス契約を結びます。

このQ&Aは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった どちらでもない