HOME > 初めての方へ > Q&A > 特許 > 特許に関連して、発明者、出願人、特許権者との用語を耳にしますが、これらの関係について教えてください。

発明者と出願人との関係について

Q特許に関連して、発明者、出願人、特許権者との用語を耳にしますが、これらの関係について教えてください。
A

(1)発明者と出願人
○発明者は最初に出願人になることができる人
原則として、発明者は、発明の完成と同時に「特許を受ける権利」を有します。つまり、特許庁へ出願する権利を最初に有するのは発明者です。この「特許を受ける権利」は移転可能な権利であって、以下のように契約や規則に基づき移転される場合があります。

○会社における発明の多くは会社が出願人となる
従業員が職務上行う発明(職務発明)については、「特許を受ける権利」を発明者 (従業員)から会社に承継させるよう、会社が予め勤務規則や契約等で定めてもよいことが定められています。この場合、発明者(従業員)は会社から「相当の対価」の支払いを受ける権利を有します。
なお、平成27年度改正特許法の施行後は、職務発明に関する「特許を受ける権利」が初めから会社に帰属する場合があります。この場合、発明者(従業員)は会社から「相当の利益」を受ける権利を有します。

○大学における発明の出願人は?
大学における発明の取扱は、大学によって異なります。独立法人化後の国立大学や一部の公立大学及び私立大学においては、原則大学が出願人となりますが、大学によっては発明者(教官)自らが出願人となる場合があります。現在は、研究者による発明を個人ではなく大学に帰属させて、特許権を組織的に管理する知的財産の有効活用が推進されています。大学は、取得した特許権を、企業へのライセンス契約、譲渡、大学発ベンチャーの創出促進などに利用することにより、研究成果を社会・経済へ還元するという重要な役割を果たすことができます。

(2)出願人と特許権者
○出願人は将来の特許権者
「出願人」は、特許出願し、審査を経て特許権が付与されて「特許権者」となります。なお、「特許権者」は「特許権」の移転により変更するのに対し、「出願人」は「特許を受ける権利」の移転により変更します。

(3)発明者と特許権者
○両者は無関係
発明者は発明を完成させた本人であり不変です。一方、特許権者は、上述のように特許権の移転により変更します。従って、両者には特別な関係はありません。

このQ&Aは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった どちらでもない