HOME > 関西会について > 研究活動 > 知財高裁判決要約 > 平成21年12月28日判決 知的財産高等裁判所 平成21年(行ケ)第10125号

平成21年12月28日判決 知的財産高等裁判所 平成21年(行ケ)第10125号

事件名
:作業用アームレスト事件
キーワード
:進歩性,引例の認定の誤り
関連条文
:特許法29条2項
主文
:特許庁が不服2004-12734号事件について平成20年12月22日にした審決を取り消す。(以下,省略)


1.事案の概要
本件は,発明の名称を「作業用アームレスト」とする特許出願について拒絶査定を受けた原告が不服審判を請求したところ,特許庁は,本願発明は実開昭60-44651号公報に記載された発明(以下「引用発明」という。)並びに周知技術に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法29条2項の規定により特許を受けることができないとして拒絶審決をしたので,原告がその審決の取り消しを求めた事案である。原告主張の審決取消事由は,[1]引用発明の認定の誤り(取消事由1),[2]一致点の認定の誤り(取消事由2),[3]容易想到性の判断の誤り(取消事由3),[4]拒絶理由通知を欠いた手続違背(取消事由4)と多岐に亘るが,本判決では,取消事由1及び2について理由があると判断され,審決が取り消された。


2.本願発明の内容
特表2001-500771号公報(本願発明)
本願明細書(平成19年4月17日付手続補正後のもの)の特許請求の範囲および明細書には,以下の(1)ないし(3)の記載がある。
(1)
特許請求の範囲(請求項2以下は省略)
【請求項1】
「上端が略水平方向に移動可能な垂直方向に配設された,上端にアームレストを有する弾性的支柱を備え,該アームレストは前記弾性的支柱が動くにつれて略水平方向に移動可能であり,前記弾性的支柱はロッド形の単一の支承要素からなっていて前記アームレストを弾力をもって支承するためのばねを有し,床から伸びていることを特徴とするコンピュータ作業場用の可動アームレスト。」
(2)
明細書(抜粋)
「従来の技術 …机の上でキーボードの前において腕を支える支持装置が発明されている。しかしながら、このような支持装置は弾力性を欠いていて、手との摩擦と位置的関係とから、まだ人間工学的に配慮されたものとはなっていない。」
「発明のアイディア …簡単に床に置くことができて(マウスと共に用いる場合は)1本の腕のための、そして(ジーボードと共に用いる場合は)2本の腕のための(水平方向に移動可能な)台を設計する。ばねで水平方向に取りつけられたこの台は快適である。上への回転運動と作業台の面と平行な動きは簡単に行えるようになっていなければならない。」
「発明の目的 そこでこの発明の目的は、簡単に床に置くことができ、また受台の高さ方向及び水平方向の位置の調節が容易な作業用アームレストを提供するにある。」
「図面に示す本発明の実施形態について説明する。受台3は床に置かれたスタンド4に載せられ,床から台3までの垂直な支柱2によって支持されており,多少弾力性を含んでいてもよい。支柱2は支持パイプ22と,この支持パイプ22中に滑動可能に嵌合した支持柱23とを有し,支持パイブ22及び支持柱23は,スチールで形成してもよいし,上に置かれた受台3が十分に動けるようにグラス・ファイバーや,いろいろな半径のばね,又はフラット・ばねで弾力性のあるものにしてもよい。これによって上部での腕の動きがより容易になる。」
「支持パイプ22は下端がばね21によって支承され,ばね21は下端がスタンド4に設立された受筒5に受納されている。また支持パイプ22の上端はばね25によって支承され,ばね25の上下端は,受台3の支持孔6及び支持筒10内に受納され,支持筒10は支持パイプ22の上端に設けられている。」
「また受台3は,これを支持する支柱2の上下端がばね21,25によって支持されているため,使用者の腕に当接している個所の全体に渡ってほぼ均一に柔軟に当接し,腕に疲労をあたえることが防止される。」
(3)
図面


3.引用発明の内容
実開昭60-44651号公報(引用発明)
特許庁が主引例として挙げた上記刊行物には,以下の(1)ないし(3)の記載がある。
(1)
特許請求の範囲
「弓型腋下受具(1)の両端に支棒(2)を設け,それにスプリング(5)を巻き上に出し,そこにT型上部を腋下支(6)と下部をパイプ(4)としてスプリング(5)にはめ込み,棒(2)の中位迄カバーした構造よりなる座軽快具。」
(2)
明細書(抜粋)
「本考案は座わった姿勢の軽快具に関するものである。誰人であれ長時間椅子又は床に座わった姿勢で事務,ノコ刃製造,各種部品組立作業等を実行すると腕腰の疲れを感ずるものである。本考案はその欠点を除くため考案されたものである。」
「・・第1図~第4図に示す通り金属性長さ50cm太さ各面巾3cm位の直方体棒を尻の後から両横に曲げ腋下受具(1)とし,その両端に同質支棒(2)長さ25cm太さ直径1.5cm位を四角体支(3)と共に固着,棒(2)上からスプリング(5)の巻付止ミゾ(9)を棒(2)の中位迄切取り,そこに長さ15cm位の金属性ゼンマイ式特種スプリング(5)を5cm位巻付けて上に10cm出し,その上部にプラスチツク等弾力性のあるT型上部を長さ8cm太さ5mm位を上に幾分曲げて腋下支(6)それに太さ直径1.5cm位のスポンジ(7)と回りにビニールカバー(8)を付着,下部を長さ30cm太さ2cm位のパイプ(4)をスプリング(5)にはめ込み,棒(2)の中位迄カバー,スプリング(5)上端を腋下支(6)の下部に固着したものである。」
「使用法として本具を装着,椅子席の場合,席に座わる姿勢で両手を後に出し腋下支(6)を握り腋下に当て乍ら座わり手を離す。又床での使用は腋下受具(1)の間に前かゞみになり両手を後に出し,腋下支(6)を握り下に押し身体を直立にして腋下に支(6)を当てゝ手を離す。すると共にスプリング(5)が圧迫されたのが元に戻る力で腋下が押上げられる。ほんの僅か1g位の押上力でも顕著の楽差があるので使用人に一番適した押上力に腋下支(6)をひねりスプリング(5)の止ミゾ(9)で上げ下げ調節して使用する。」
「本考案は以上の構造となっているので前後の動作,横ヒネリ,左右の手上げ下げ動作が自由で,一斉身体に負担がかゝらず床又は椅子席で胴体が支えられているから兎に角各々座った姿勢で作業しても分動の原理で腕を動かす力が半分以下で腕が軽く,腰に加わる力も両腋下で支えられているから本具1組で使用すると腕と腰が同時に楽で仕事の能率が上がり非常に便利である。」
(3)
図面


4.審決が認定した事項
審決は,引用発明の内容,本願発明と引用発明との一致点及び相違点を下記(1)ないし(3)のとおり認定し,相違点について下記(4)のとおり判断した。
(1)
引用発明の内容 
「上端が略水平方向に移動可能な垂直方向に配設された支柱であって、腋下受具(1)に固着された支棒(2)にスプリング(5)を巻付け、上端に腋下支(6)を有する弾力性のあるパイプ(4)をそのスプリング(5)にはめ込んで構成した支柱を備え、該腋下支(6)は前記支柱のパイプ(4)が湾曲するにつれて略水平方向に移動可能であり、前記支柱は前記腋下支(6)を弾力をもって支承するためのスプリング(5)を有している座軽快具。」
(2)
本願発明と引用発明との一致点 
「上端が略水平方向に移動可能な垂直方向に配設された、上端に上肢部受台を有する弾性的支柱を備え、該上肢部支台は前記弾性的支柱が動くにつれて略水平方向に移動可能であり、前記弾性的支柱はロッド形の単一の支承要素からなっていて前記上肢部受台を弾力をもって支承するためのばねを有し、床から伸びている作業場用の上肢部支え具。」である点。
(3)
本願発明と引用発明との相違点 
本願発明は、コンピュータ作業場用の可動アームレストであり、上肢部受台がアームレストであるのに対して、引用発明は、作業場用の座軽快具であり、上肢部受台が腋下支である点。
(4)
相違点に対する判断 
上肢の一部である腕を支えるためのアームレストを備えた可動アームレスト自体は、例えば実願昭49-28071号(実開昭50-118105号)のマイクロフィルム、実願平1-95490号(実開平3-35757号)のマイクロフィルム、米国特許第4069995号明細書などに見られるように従来周知であり、この種の可動アームレストがコンピュータ作業場などで腕に疲労を与えることを防止するために使用されることも周知の事項である。
そうすると、当該周知技術に倣って引用発明の腋下支6をアームレストとなし、コンピュータ作業場などで使用する可動アームレストとする程度のことは、当業者であれば容易に想到できたことである。したがって、相違点に係る本願発明の発明特定事項は、引用発明に上記周知技術を適用して当業者が容易に想到できたものである。」


5.本判決の判示事項
(1)
主文
特許庁が不服2004-12734号事件について平成20年12月22日にした審決を取り消す。(以下,省略)
(2)
理由
裁判所は,審決には,[1]引用発明の認定の誤り,及び,[2]一致点の認定の誤りがあると判断し,その理由を以下のとおり判示した。
引用発明の認定の誤り(取消事由1)について
「・・・引用発明は,長時間座って作業をする人の腋の下を支えて腕と腰の疲れを防ぐ軽快具であり,支棒(2)に巻かれ,パイプ(4)がはめ込まれているスプリング(5)が,腋下によって圧迫されることで生じる復元力によって腋下が押上げられることによって上体を支持して腕と腰の負担を軽くし,楽にするという効果を有する器具であるといえる。
しかし,パイプ(4)が略水平方向に移動することができる旨の記載はない。刊行物1の第3図によれば,パイプ(4)は略中央部から外側に湾曲しているものの,パイプ(4)の上端は,下端のほぼ真上に位置し,水平方向に移動していない態様で示されていることからすれば,同図は,使用者の体重(の一部)が腋下支にかかることにより撓んだ状態を示しており,パイプ(4)が弾力性を有してその上端の腋下支(6)を略水平方向に移動可能とすることを示したものと解することはできない。」
一致点の認定の誤り(取消事由2)について
「・・・本願発明の「弾性的支柱」は,[1]「上端が略水平方向に移動可能な垂直方向に配設され」,[2]それが動くにつれてアームレストが「略水平方向に移動可能であり」,[3]「ロッド形の単一の支承要素からなっていてアームレストを弾力をもって支承するためのばねを有」するとの構成を備えるものであって,発明の詳細な説明に照らしても,これと異なる格別の意味を有するものではない。」
「引用発明における「支柱」は,腋下受具(1)に固着された支棒(2)にスプリング(5)を巻き付け,上端に腋下支(6)を有するパイプ(4)をそのスプリング(5)にはめ込んで構成されているが,このうちパイプ(4)に弾力性があると認定できないことは前記のとおりであり,また,スプリング(5)も,腋下に対し弾性力による押上力を加えることに資する部材であって,その弾力をもって腋下支(6)を略水平方向に移動させるものということはできない。
したがって,引用発明における「支柱」は,本願発明の「弾性的支柱」に相当するということはできない。引用発明における「支柱」が本願発明の「弾性的支柱」に相当するとした審決の認定は,誤りである。」


6.コメント
引用発明のパイプ(4)が,弾力性を有する部材で力を加えると撓んで湾曲し,湾曲するにつれて腋下支(6)が略水平に移動し得ると認められるか否かが争点となった。しかし,引例にはパイプ(4)が湾曲することの直接の記載も示唆もないこと,上記「3.」「(2)」「イ」の引用箇所の「弾力性のある…」との語が修飾しているのは「T型上部」であって「パイプ(4)」ではないと考えられること,引用発明のスプリング(5)は腋下に上方向への押上力を与えるための部材で,仮に,パイプ(4)も弾力性を有する場合,引用発明の構成では支棒(2)との間にこすれが生じて,上下動が妨げられる不都合が生じることなどからすると,審決の認定には無理があり,裁判所の判断が妥当と考える。審決と判決を比較すると,判決の方が,引用文献の記載に忠実に引用発明を認定しているものといえる。


(執筆者 山本 進 )


« 戻る