HOME > 関西会について > 研究活動 > 大阪地裁判決要約 > 平成18年7月27日 大阪地裁 平成17年(ワ)11663号

平成18年7月27日 大阪地裁 平成17年(ワ)11663号
- 不正競争行為差止等請求事件 -

事件名
:正露丸包装事件
キーワード
:自他商品識別機能、一般的名称
関連条文
:不競争法2条1号および2号、同法19条1項1号、商標法26条1項2号
主文
:原告の請求をいずれも棄却する


1.事案の概要
本件は、「正露丸」なる名称の胃腸薬(本件医薬品)を製造販売する原告が、被告の同じく「正露丸」なる名称の胃腸薬(被告商品)につき、その包装全体及び 一部の表示(被告表示)が、原告の当該製品の著名または周知な包装全体の表示(原告表示1)及びその一部の表示(原告表示2)と類似し、よって被告の当該 包装を使用した製品を製造販売等する行為が、不正競争防止法2条1項2号又は1号の不正競争行為に該当するものであり、かつ原告の有する商標権(本件商標 権)を侵害するものであるとして、被告製品における被告表示の使用の差し止め等を求めた事案である。


2.争点及び判決の要旨
主な争点は、原告表示が不正競争防止法2条1項2号又は1号の「商品等表示」に該当するか、および、被告の製品の包装に付された標章に本件商標権の効力がおよぶか、である。
裁判所は以下のごとく判示する。すなわち、原告表示1について見ると、「正露丸」等の名称で医薬品の製造販売を行っている業者が、昭和30年頃より被告を 含めて複数存在し、その包装箱の表示態様は原告表示1と概ね主要な点で共通している。一方原告は、今日に到るまで一貫して原告表示1を使用して多額の費用 を投じて宣伝を行い、原告表示1を一般消費者にかなりの程度浸透せしめていることを認めることができる。しかしこの際、原告は、包装箱に記載されたラッパ の図柄を強調するような活動を行っている。
以上の事情を参酌すると、ラッパの図柄を度外視した包装態様のみでは、一般消費者において原告の商品であることを認識することができるとはいえず、商品の 出所表示機能を有するものとはいえない。すなわち、原告表示1の中で自他識別力を有するのはラッパの図柄(及び社名)のみである。ここで被告表示を見ると 「ラッパの図柄」に相当する部分は「瓢箪の図柄」であり、この点において原告表示1と類似しないので、被告商品が原告商品と誤認混同を生ずるおそれがある とは認められない。
次に、原告表示2について見る。原告表示2は「正露丸」又は「SEIROGAN」との表示部分である。昭和49年最高裁第三小法廷判決において「正露丸」 の語は遅くとも昭和29年10月30日には本件医薬品の普通名称であったと判示されている。しかし、その後の取引の事情の変化等により、普通名称とされた 表示が出所表示機能を有するに至る場合があるのでこの点を検討する。アンケート調査結果によると、一般消費者の間では「正露丸」から原告(ないしラッパの マーク)が想起される割合が高く、むしろそれが一般的であるといえる傾向がある。しかし、これをもって「正露丸」が原告製品の識別表示として需要者により 認識されているとは速断できず、また製造販売に携わる取引者の間では、「正露丸」は本件医薬品の一般的名称として認識されているので、現在なお「正露丸」 は本件医薬品の普通名称である。よって、原告表示2は不競争法2条1号および2号の「商品等表示」に該当しない。
前記のごとく、「正露丸」は現在なお本件医薬品の普通名称であるので、被告の製品の包装に付された標章(「正露丸」及び「SEIROGAN」)に本件商標権の効力はおよばない。


3.執筆者のコメント
本判決は、原告表示1(原告製品の包装全体)について、自他識別力を有するのはラッパの図柄(及び社名)のみであるとし、被告表示で「ラッパの図柄」に相 当する部分は「瓢箪の図柄」であるので、両者は非類似であると判示する。なお、商品等表示の類否の判断について、判例は、「ある営業表示が不競法1条1項 2号にいう他人の営業表示と類似のものか否かを判断するに当たっては、取引の実情のもとにおいて、取引者、需要者が、両者の外観、称呼、又は観念に基づく 印象、記憶、連想等から両者を全体的に類似のものとして受け取るおそれがあるか否かを基準として判断するのを相当とする。」としている(最判昭 57(オ)658)。


(執筆者 山本  佳希 )


« 戻る