HOME > 関西会について > 研究活動 > 大阪地裁判決要約 > 平成17年12月8日 大阪地裁 平成16年(ワ)12032号

平成17年12月8日 大阪地裁 平成16年(ワ)12032号
- 商標権損害賠償請求事件 -

事件名
:商標権民事訴訟事件
関連条文
:商標法2条3項8号
主文
:被告は、原告に対し、80万0832円等の金員を支払え。その余の請求を棄却する。


1.事案の概要
被告会社は、インターネット上の自社サイトのトップページを表示するためのhtmlファイル(ホームぺージ作成プログラムのこと)に、メタタグ(検索サイ トにヒットさせるためのキーワードを入力)として、「<meta name=”description”content=”クルマの110番。輸入、排ガス、登録、車検、部品・アクセサリー販売等、クルマに関する何でも 弊社にご相談下さい。”>」と記載していた。これにより、検索サイトの1つであるmsnサーチにおいて検索実行すると、被告サイトのトップページの 説明として、上記「クルマの110番。輸入・・・ご相談下さい。」との表示がされた。この行為が登録商標「くるまの110番」の商標権を侵害するものとい えるかが争われた。


2.争点及び判決の要旨
メタタグへの記載が商標的使用に該当するか。


3.判決要旨
一般に、事業者が、その役務に関してインターネット上にウェブサイトを開設した際のページの表示は、その役務に関する広告であるということができるから、 インターネットの検索サイトにおいて表示される当該ページの説明についても、同様に、その役務に関する広告であるというべきであり、これが表示されるよう にhtmlファイルにメタタグを記載することは、役務に関する広告を内容とする情報を電磁的方法により提供する行為(商標法2条3項8号)にあたるという べきである。さらに、被告会社は、「クルマの110番」という表示を見て、被告サイトを閲覧した者がいたとしても、被告サイトにはどこにも「クルマの 110番」という表示はないのであるから、被告サイトが原告のものとは異なることはすぐに分かるのであって、出所識別機能は害されず、注文時には誤認混同 が生じないとも主張する。しかしながら、ある事業者が、複数の標章を並行して用いることはしばしばあることであるから、インターネットの検索サイトにおけ るページの説明文の内容と、そこからリンクされたページの内容が全く異なるものであるような場合はともかく、ページの説明文に存在する標章が、リンクされ たページに表示されなかったとしても、それだけで、出所識別機能が害されないということはできない。


4.執筆者のコメント
本件では、被告ホームページ自体に本件商標の表示が全くなく、商標法2条3項8号を直接適用することができなかったが、msnサーチにより検索実行後、被 告サイトのタイトル下の説明文に表示されていたことをもって、同号に該当するとの判断がなされた。ネット上での悪意ある登録商標の使用を排除する上で妥当 と考える。


(執筆者 東山  香織 )


« 戻る