HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > 米国特許基礎セミナー 報告書 第1回

米国特許基礎セミナー 報告書 第1回

日  時 平成23年1月13日(木) 午後3時~5時30分
会 場 学校法人常翔学園 大阪センター梅田 毎日インテシオ3階 301・302会議室
テーマ 「米国特許全般的な基礎知識」
講  師 米国ニューヨーク州弁護士 矢部 達雄 氏
コメント 米国特許基礎セミナーとして、平成23年1月~4月に月1回、計4回のシリーズで、米国ニューヨーク州弁護士の資格を持つ矢部 達雄先生に講演して頂く予定であり、今回は、その第1回として、米国特許制度の概要について、ご講演頂きました。
具体的には、以下の内容について、ご講演頂きました。
1. 合衆国憲法と米国特許
2. 101条(特許保護適格性)
3. 発明者とは?
4. 合衆国で生じた発明を基に日本出願OK?
5. 発明日とは?(116条)
6. IDS:権利化に不利な情報を開示する義務?
7. 102条:(新規性)本当に先発明主義か?
8. 103条:(自明性)自明性の判断基準?
9. 112条第1、2項:明細書
10.112条第3~5項:クレームの形式(独立、従属、多数項従属クレーム)
11.112条第6項:Means + Functionクレームとは?
12.出願から権利化までの費用?
13.中間処理に関するルール?応答期間を徒過したらおしまいか?規則1.137
14.審判請求
15.米国の均等論とは?
16.究極のクレーム判断者は誰?
17.その他、米国特許特有の制度
18.昨今の注目ポイント(判例など)

講演では、実務上の経験談等を交えつつ、法令や判例について分かり易く説明して頂き、実務上有意義な情報を提供して頂きました。
多数の参加(122名)があり、また講演後にも、多数の質問が寄せられ、大盛況のうちに終えることができました。



左:司会 二口委員、
右:講師 矢部達雄氏


会場の様子

(書記:薮 慎吾)

« 戻る