HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > パテントセミナー2012 滋賀パテントセミナー(午後の部)報告書

パテントセミナー2012 滋賀パテントセミナー(午後の部)報告書

日  時 平成24年2月25日(土)13時30分~16時00分
場  所 コラボしが21(大会議室)
テーマ 判例に学ぶ知的財産権
~これだけは知っておきたい知財裁判の実務~
講  師 弁護士・弁理士 野嶋 直 氏
受講生 79名
コメント  滋賀パテントセミナーの午後の部は、これまでと少し違って、弁護士・弁理士の野嶋講師による知財訴訟についての講演でした。知財訴訟は身近に起こる事件ではなく、新聞に掲載されて知る程度であり、知識として知っているが詳細には知らない世界であり、受講者に興味をもって聞いてもらえたと思います。
 この講演では、訴訟についての理解を容易にするために、まず、貸金返還請求訴訟における審理を説明し、その説明において裁判特有の審理を説明し、その後、知財訴訟(特許権侵害訴訟)の審理の説明となり、受講者に理解しやすいものでありました。特許権侵害訴訟については、大阪地裁の審理モデルを参考に訴訟全般の話があり、特許権侵害訴訟特有の侵害論の判断、損害論の審理についての話もあり、弁理士にとっても役立つ内容でありました。
 一般的な知財訴訟の話の後に、事例に基づいたクレーム解釈の説明があり、特許庁の審理における権利解釈と裁判の審理における権利解釈の相違、また権利解釈における均等論などの説明があり、また、具体的事例として、切り餅事件を取り上げ、クレーム解釈の難しさ、またクレーム作成の難しさの話があり、日常業務を気を引き締めて取り組まなければならないと感じさせられる内容のものでした。
 最後に、不正競争防止法に関する事例の説明があり、特許権侵害の警告書を出すときの注意事項、記者会見をするときの注意事項、不正競争防止法に関する事例(白い恋人事件)、更には特許法の改正などの説明もあり、盛り沢山の内容の講演でした。今回の講演は、来年につながるものであったと思います。




講師:秋篠 浩二 氏


会場の様子

執筆者: 近畿支部知財制度普及委員会 岸本忠昭


« 戻る