HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > パテントセミナー2012 第4回大阪パテントセミナー(基礎編)報告書

パテントセミナー2012 第4回大阪パテントセミナー(基礎編)報告書

日  時 平成24年2月11日(土)14時~16時
場  所 日本弁理士会近畿支部
テーマ 外国出願入門
~国際的な特許権取得の留意点~
講  師 弁理士 冨田 光治氏
受講生 86名
コメント  本日は、企業内弁理士として多くの外国出願案件に関わってこられた弁理士の冨田光治先生に、「外国出願入門 ~国際的な特許権取得の留意点~」というテーマでご講演いただきました。
 経済のグローバル化が進む中、日本だけでなく外国でも特許権を取得していくことは、企業にとって非常に重要です。そういった意識の高さの表れでしょうか。快晴の土曜日というレジャーには最高の日にもかかわらず、多くの方々にご参加いただき、皆様熱心にお聞きなっておられました。
 各国の特許制度には相違点があるため、それらの相違点を短時間で説明することは容易なことではありません。特に、「基礎編」ということで、初学者の方々にもご理解いただけるような内容でなければなりません。その点、経験豊富な冨田先生は、初学者にも分かりやすい内容から丁寧に説明され、受講者の方々も十分にご理解いただけたのではないかと思います。
 具体的には、まず、1つの手続で各国への出願日を確保するためのPCT出願について、その手続内容やメリットなどをご説明いただきました。また、各国の異なる特許制度について、米国、欧州、中国、韓国、台湾といった主要国全体にわたってご説明いただきました。いずれも非常に分かりやすく、かつ、細かな点まで手抜きのないご説明でした。
 アンケートにも受講者のご満足の声が多く記載されており、有意義な時間をお過ごしいただけたものと存じます。




講師:冨田 光治氏


会場の様子

執筆者: 近畿支部知財制度普及委員会 吉本 力


« 戻る