HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > 知財支援セミナー in 加古川 「意匠の上手な登録・活用方法と特許出願等援助制度について」 実施報告

知財支援セミナー in 加古川 「意匠の上手な登録・活用方法と特許出願等援助制度について」 実施報告

開催日時 平成24年10月2日(火)午後3時~4時45分
会  場 加古川商工会議所地下1階会議室
(加古川市加古川町溝之口527-5)
名  称 知財支援セミナー
「意匠の上手な登録・活用方法と特許等出願援助制度について」
  第1部: 意匠の上手な登録・活用方法
  第2部: 特許出願等援助制度について
内  容 第1部 午後3時5分-4時5分
基調講演「意匠の上手な登録・活用方法」
講師:西谷 俊男 氏 (特許業務法人有古特許事務所 副所長弁理士)

第2部 午後4時15分-4時45分(質疑応答含む)
特許出願等援助制度について
講師:池見 智治 氏(吉田・吉竹・有田特許事務所 弁理士)
受講者数 10名(定員30名)
主  催 日本弁理士会近畿支部
共  催 加古川商工会議所
担当部署 日本弁理士会近畿支部 知財立国サポート委員会
講演概要

[第1部]
 「意匠の上手な登録・活用方法」という切り口で、意匠の基礎にはじまり、IPDLを利用した意匠検索手順、中国の意匠事情、商標との比較、判例に至るまで、短時間にもかかわらず、盛りだくさんの内容を解説していただきました。また、加古川市に関係する話題も交え、様々な視点又は観点で、開催地域及び受講者に応じた解説であった様に思います。
 講演後には、意匠に係る物品についての質問が出るなど、受講者の意識及びレベル向上に役立つ講演だったと思います。
[第2部]
 「特許等出願援助制度について」制度趣旨、援助対象、メリット、申請用紙への記載内容、注意事項、実績などについて、わかりやすく、丁寧に解説をいただきました。
 講演後には、終了時間を超過しても終わらないくらいたくさんの質問をいただきました。受講者の本制度に対する興味の高さが伺えました。

最後に  アンケートの集計(回答数:5)からは、概ね次の様な結果が得られました。
 まず、セミナーについては、「役に立った」および「少し役に立った」が、1部、2部ともに4名でした(1名は、記載なし)。
 特許出願等援助制度については、「特許出願等援助申請書の作成から支援をしてほしい」が1名、「機会があれば利用したい」が4名でした。1名ではありますが、申請書の作成から支援をしてほしいという声があるということは重要だと思います。
 また、日本弁理士会の活動に、今後、期待される点や改善点について、「セミナー開催を増やしていただきたい」との意見がありました。従来に比べるとセミナー開催が増えているのかもしれませんが、開催地である加古川市の受講者にとっては、まだまだ少ないと感じている模様です。セミナー開催数というカウントのしかただけではなく、開催地域という観点も含めてセミナー開催を検討する必要があるのかもしれません。

報告者:知財立国サポート委員会副委員長 森定 勇二

« 戻る