HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > 平成27年度知的財産権に関するセミナーin MOBIO-Café第4回「話題となった東京オリンピックエンブレムから学ぶ ロゴマーク(社標)等と著作権・商標との関係について」

平成27年度知的財産権に関するセミナーin MOBIO-Café第4回「話題となった東京オリンピックエンブレムから学ぶ ロゴマーク(社標)等と著作権・商標との関係について」

日時 平成27年12月2日(水)18:30~20:00
テーマ 「話題となった東京オリンピックエンブレムから学ぶ ロゴマーク(社標)等と著作権・商標との関係について」
場 所 ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)北館3階309号室
主  催 日本弁理士会近畿支部、ものつくりビジネスセンター大阪(MOBIO)
対 象 一般受講者 18名
講 師 弁理士 垣木晴彦 会員、青木覚史 会員
内  容 (1)オリンピックエンブレム問題について(担当:垣木委員)
  問題の所在について説明をした。
(2)著作権について(担当:垣木会員)
  著作権の基本的事項について、事例を交えながら説明した。
(3)商標権について(担当:青木会員)
  商標権の基本的事項について、事例を交えながら説明した。
(4)著作権と商標権との関係について(担当:垣木会員)
  著作権が不安定な権利である点に触れ、商標権取得の必要性を強調した。

以上



【セミナー風景写真】

 

執筆者:知財普及・支援委員会 委員 青木覚史

 

« 戻る