HOME > 知財支援活動 > 関西知財活用支援プラットフォーム


関西知財活用支援プラットフォーム

令和5年8月29日発行の日刊工業新聞にて、
「関西知財活用支援プラットフォーム」に関する記事が掲載されました。


関西知財活用支援プラットフォーム

関西知財活用支援プラットフォーム



日刊工業新聞 令和5年8月29日付
※無断転載・複写禁止 ※日刊工業新聞社から著作権利用に関する許諾を受けています



1.関西知財活用支援
プラットフォーム事業とは

(目的)
2025年大阪・関西万博までに、知財を稼ぐ力にして経営を行う企業を関西で多く創出する。
(事業主体)
近畿経済産業局
(協力団体)
日本弁理士会関西会
INPIT-KANSAI
(支援概要)
中小・ベンチャー企業における知財面の課題解決や事業展開に合致した知財活用の支援を行う。

2.弁理士による知財支援とは?

日本弁理士会関西会は、上記事業の協力団体として、企業に弁理士を派遣して、企業が知財を稼ぐ力にして経営を行うための体制作りなどの支援を行っています。

弁理士は知財の権利化業務のプロですが、これにとどまらず、その周辺業務も提供しています。支援弁理士による支援例としては、例えば以下があります。


支援内容例



3.実績

各支援先における具体的な支援内容は下記を参照ください。

2022年度



2021年度



4.関西知財活用支援プラットフォーム事業に関するお問い合わせ


近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室

住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44

電話番号:06-6966-6016

FAX番号:06-6966-6064


関西知財活用支援プラットフォーム