HOME > 初めての方へ > Q&A > 商標 > 平成27年4月1日から商標登録の対象となった新しいタイプの商標について教えてください。

商標法の保護対象について

Q平成27年4月1日から商標登録の対象となった新しいタイプの商標について教えてください。
A

平成26年商標法改正により、平成27年4月1日から新たに商標登録の対象となった新しいタイプの商標は以下のとおりです。
①色彩のみからなる商標
 これまで「色彩」は文字、図形等と組み合わせた場合のみ商標の構成要素として認められていました。今次改正により、色彩のみを構成要素とする商標が新たに商標登録の対象となりました。一色のみならず、複数色の組み合わせも対象となります。
②音商標
 楽器、自然音、言語、これらの組み合わせからなる音が新たに商標の構成要素として認められ、商標登録の対象となりました。例えば企業CMのサウンドロゴなどがこれに該当します。
③動き商標
 文字、図形、立体的形状等に動きがある場合、一連の動きを含め、変化する商標として商標登録をすることが可能になりました。例えば企業CMのモーションロゴなどがこれに該当します。
④ホログラム商標
 ホログラムとは、ホログラフィ技術を用いて平面上に描かれた立体的画像のことで、見る角度によって映る姿が異なるものであり、一連の変化を含め、商標登録をすることが可能になりました。偽造防止のために貼付されるシールなどがこれに該当します。
⑤位置商標
 文字、図形等の構成要素が商品等の特定の位置に付されていることに特徴がある場合、その位置を特定して商標登録をすることが可能になりました。

このQ&Aは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった どちらでもない