HOME > 初めての方へ > Q&A > 商標 > 周知商標、著名商標とは何ですか。また、これらについては商標法でどのように保護されますか。

商標の登録要件について

Q周知商標、著名商標とは何ですか。また、これらについては商標法でどのように保護されますか。
A

 「周知商標」とは、複数の都道府県で知られている商標であり、「著名商標」とは全国的に著名な商標であるといわれています。海外において著名な商標も「著名商標」として扱われる場合が多いです。これら周知・著名商標には、それ自体に高い財産的価値があるとされていますので、このような商標は特に法的な保護が必要とされます。

 商標法上、自分の登録商標と同一類似の商標につき、他人が商標登録出願した場合であっても、指定商品若しくは指定役務が非類似であれば、その商標が自分の登録商標と同一類似であるとの理由ではその出願は拒絶されないのが原則です。しかし、自分の商標が周知・著名である場合、たとえ指定商品若しくは指定役務が非類似であったとしても、他人が自分の商標と同一類似の商標につき商標登録出願すると拒絶される場合があります。例えば、その商標を他人が非類似の商品若しくは役務に使用したとすると、需要者が出所の誤認混同をきたすと特許庁が判断をした場合です。このように、周知・著名商標の場合、これらと同一類似の商標について、他人が商標登録を受け難い制度となっています。

 積極的に同一類似の商標について他人の商標登録を防止する手段として防護標章登録があります。先に説明したとおり、自分の登録商標と同一類似の商標につき、他人が商標登録出願した場合であっても、指定商品若しくは指定役務が非類似であれば、その商標が自分の登録商標と同一類似であるとの理由でその出願は拒絶されないのが原則です。すなわち、非類似の商品、役務については、自分の商標が周知、著名であったとしても、自分の商標と同一の商標につき、他人が商標登録を受ける余地があります。これを防止するため、周知、著名商標に関しては、これと同一の標章につき、本来使用の予定の無い非類似の商品、役務を指定して防護標章登録を受けることができます。防護標章登録されると、同一の標章につき、それに係わる商品、役務を指定して、他人が商標登録を受けることができなくなります。

 また、自分の商標権が侵害された場合、権利を侵害した者に対して損害賠償請求をすることができますが、周知、著名商標はそれ自体に高い財産的価値がありますので、請求額もそれに応じて高額となります。ところで、商標権は、登録商標と同一類似の商標を、指定商品若しくは役務と同一類似の範囲で使用した場合が、その効力の及ぶ範囲です。周知、著名商標につき防護標章登録を受けると、他人が登録防護標章と同一の標章を、これに係わる指定商品若しくは役務と同一のものに使用する行為も商標権侵害となります。このように、権利行使の面でも、周知、著名商標は特別に保護されます。

このQ&Aは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった どちらでもない