HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > 令和3年度知的財産権に関するセミナーin MOBIO-Cafe(第2回)実施報告書

令和3年度知的財産権に関するセミナーin MOBIO-Cafe(第2回)実施報告書

日  時 令和3年11月12日(金)午後2時~午後4時
場  所 クリエイション・コア東大阪 北館3階 309号室
主  催 日本弁理士会関西会、ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)
テ ー マ 特許に代わる意匠活用の基礎知識およびハーグ制度について
講  師 弁理士 謝 博超 氏
参加者 大企業、中小企業、地方自治体、商工会議所、国立研究機関、公的金融機関の担当者 31名(会場6名、WEB25名)
内  容

 講義では、「意匠活用の基礎知識」と「ハーグ制度」について採り上げられた。
 「意匠活用の基礎知識」では、デザインの重要性、意匠の保護対象、保護手続きと活用について基礎的な知識の説明があった。特許に代わる意匠活用のメリットも指摘された。
 「ハーグ制度」では、意匠の国際出願制度の一連の流れについて、概略を説明された。

(執筆者:関西会 知財普及・支援委員会 川瀬 直樹)




【セミナー風景写真】

 

« 戻る