HOME > 知財支援活動 > セミナー情報 > 報告 > セミナー報告書「アジアの強国・中国に知財で挑む~INPIT-KANSAI×日本弁理士会関西会特別セミナー~」

セミナー報告書「アジアの強国・中国に知財で挑む~INPIT-KANSAI×日本弁理士会関西会特別セミナー~」

日 時 令和4年1月28日(金)午後2時~4時
場 所 Zoomによるオンラインセミナー
主 催 INPIT-KANSAI、日本弁理士会関西会
テーマ アジアの強国・中国に知財で挑む ~INPIT-KANSAI×日本弁理士会関西会特別セミナー~
講 師 INPIT-KANSAI 知財戦略エキスパート 藤盛 謙二 氏
日本弁理士会関西会 弁理士 村井 康司 氏
日本弁理士会関西会 弁理士 薮 慎吾 氏
参加者 44名(セミナー事前登録者86名)
内 容 14時から 海外ビジネスを成功に導く知的財産のポイント 藤盛謙二氏
・海外ビジネスを行う場合の知財の留意点について
・知財に関する補助金について

14時50分から 中国視点の日本から見た中国市場、中国から見た日本市場 村井康司氏
・中国の現状の説明(市場規模、最近の発展)
・中国での展示会、ショッピングモールでの現状を、実体験を踏まえて
・Eコマースでの知財の留意点
・商標の類否の事例紹介

15時35分から 中国のプロパテントの流れと特許権取得の重要性 藪慎吾氏
・中国のプロパテントの流れ(今までの中国の知財政策の歴史)
・中国の知財に関する統計(出願件数、人材、訴訟件数)
・特許権取得のメリット
・外国出願の支援制度
・現地代理人への適切な情報の提供の重要性 

    


(報告者:国際情報委員会 鈴木 一晃)

« 戻る