HOME > 関西会について > 関西会の紹介 > 近畿支部意見交換会(第7回フラビアの会)報告

近畿支部意見交換会(第7回フラビアの会)報告

開催日時 平成19年10月24日 午後6時30分~午後8時30分
開催場所 大日本弁理士会近畿支部 会議室
出席者数 51名
今年度からより活発な意見交換が出来る場を提供したいと考え、「近畿支部意見交換会~フラビアの会~」と改称し、平成19年10月24日(水)、本年度初のフラビアの会(第7回)を開催致しました。週末でもなく、ある秋の平凡な水曜日でした。ですが開会時間の午後6時30分を回ると、突然スーツ姿の先生方が次々に現れ、受付には列ができました。結果的に、フラビアの会過去最多となる51名もの方々が参加されました。この嬉しい事態にはフラビアの会を主催している我々の方が首を傾げるほどでした。

しかし、その理由はすぐに解りました。今回のテーマは「これからの特許事務所」ということで、最近独立された方や、将来独立を考えている方に、これからの特許事務所についてお話頂くものだったのです。特許事務所や企業に勤務する弁理士にとって「独立」というテーマはある意味タブーであり、誰もが興味を抱いてはいるものの、普段余り話すことのできないテーマであると思います。このため、皆さんの興味を大いに惹き、多数の参加となったようです。

会では始めに、最近独立をされた先生方にマイクを向けました。これらの先生方からは、ご自分の事務所の苦労話や、将来的な目標の話や、企業に勤務する先生方へのセールスのお話などについて伺うことができました。続いて、企業に勤務する先生方からは、企業が特許事務所をどのようなポイントで選んでいるのかや、企業が特許事務所にどのようなサービスを求めているのかなどについて伺うことができました。最後に、独立して久しいベテランの先生方にお話を伺いました。特に、矢野内外国特許事務所の矢野壽一郎先生の、「トライ無くしてリスク無し、リスク無くして進歩無し、失敗したって死ぬわけじゃないんだから、独立することをぜひお勧めします。」という言葉には、独立に向けて背中を強く押されたような気がしました。

また、マイクで話された先生方以外の参加者の皆さんも、独立の話題を熱心に語り合っているようでした。通常フラビアの会では、参加者の皆さんにはテーマに縛られることなく自由に歓談して頂いているで、様々な話題が交錯しているのですが、そういった意味で今回は少しいつもとは違った雰囲気でした。

今回の成功によって、我々実行委員はテーマ選びの重要性を痛感しました。今後も魅力あるテーマを考えて、フラビアの輪をもっと大きく広げて行く所存です。なお、次回のフラビアの会は1月下旬に開催する予定です。次回は近畿支部を離れて、大阪市役所そばの大阪市中央公会堂にて開催致します。皆さんも新地で飲むかわりにフラっと如何でしょうか?



« 戻る