HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」 神戸市立太山寺中学校

「知財授業報告書」 神戸市立太山寺中学校

日  時 平成19年7月10日(火) 10時30分~11時30分
場  所 神戸市立太山寺中学校
名  称 知的財産特別授業
内  容 君も今日からエジソン
対  象 第2学年 159名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 弁理士制度普及委員会
コメント 今回知財授業を実施させていただいた神戸市立太山寺中学校は、神戸市の教育学園都市構想により開発が進んだ地域の人口増加に対応するために昭和60年に開設された、名刹太山寺を校区に擁する学園都市の中学校です。その周辺は広い幹線道路を有する閑静な住宅街であるとともに、いくつもの大学が立地しており、文化的な雰囲気も併せ持つ町だと感じられました。
授業は今回、3名で実施しました。パワーポイントの画面送りの担当の弁理士にニセモノ商品を製造販売する会社の社長役も兼任していただいたのですが、今まで多数の授業を実施されてきた方でしたので、スムーズに進行できたと思います。私はホンモノ商品を製造販売する会社の社長役を担当させて頂きましたが、芝居が終わった後の司会進行のペースが若干早いようでしたので、エジソンの逸話などを解説することで時間調整させて頂きました。
我々の慣れない芝居から特許制度の説明まで、生徒達にとっては普段とは違う雰囲気の授業であったと思いますが、表情や仕草などから落ち着きの中に真剣さや真面目さを感じ取ることができました。芝居のはじめのうちはニセモノ商品の味方であった生徒が、授業を進めるうちにホンモノ商品の味方になった生徒がいる一方、同等の商品を安く提供するニセモノ商品の味方を貫く生徒もあり、授業を通じて知的財産という目に見えない権利を保護することの利点や、需用者の立場に立った視点などが少しでも分かってくれたような実感を得ることができました。最後にクイズ形式で、カップヌードル※や乾電池などの発明の経緯や逸話などを紹介しましたが、具体的な話に生徒達はとても興味を持って聞いていたと感じられました。



熱心に講義を行う講師陣
(左写真 村上太郎 仲谷實男 水田愼一 各弁理士)

※「カップヌードル」は日清食品(株)の登録商標です。



近畿支部知財授業担当  千原  清誠


« 戻る