HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 知財授業報告書「大阪市立鶴見橋中学校」

知財授業報告書「大阪市立鶴見橋中学校」

関西会知財授業担当 三方 英美


日  時 令和3年11月20日(土) 10:35-11:25
場  所 大阪市立鶴見橋中学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 中学知財授業(寸劇)
対  象 1-3年生4クラス120名
講  師 渥美 元幸、三方 英美、村上 太郎
コメント 大阪市立鶴見橋中学校へは、南海汐見橋線津守駅から徒歩で向かいました。津守駅前には、広々とした西成公園があり、大きな木々がちょうど紅葉を迎えていて綺麗でした。津守駅から途中昔ながらの商店街を通り、約10分歩いたところに、大阪市立鶴見橋中学校はありました。
 今回は、スーツ用ハンガー「服の神」を題材とした寸劇を、1-3年生に対してさせていただきました。司会・弁理士役を渥美弁理士、ユメノ社長を村上弁理士、マネタ社長を三方が担当しました。
 寸劇の前半では、マネタ社長の「マジックハンガー」を購入するという意見が大多数でしたが、ユメノ社長が困っている様子を見たり、司会の話を聞いたりした後の2回目の質問では、ユメノ社長の「服の神」を購入するという意見の生徒が増えました。特許を取ることで模倣品の販売を止められること、また、ユメノ社長の許可をもらえば、マネタ社長も「マジックハンガー」を販売できることなどを学んでもらえたのではないかと思います。
 最後に、日本人がした発明かどうかを当ててもらうクイズをしました。カップラーメンや回転寿司のように、有名な発明は、みんな正解していましたが、乾電池やシャープペンシルなどは、少し苦戦していたようです。
 今回の授業を通して、知的財産のこと、また、弁理士のことを少しでも理解し、今後に活かしてくれることを願いつつ、学校を後にしました。




興味津々の生徒達に講義を行う講師



※「服の神」は株式会社日乃本錠前の登録商標です。


« 戻る