HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 知財授業報告書「河内長野市立千代田中学校」

知財授業報告書「河内長野市立千代田中学校」

関西会知財授業担当 三方 英美

日  時 令和5年5月1日(月)9:50-11:40
場  所 河内長野市立千代田中学校
名  称 「知的財産特別授業」
内  容 発明工作授業(ペーパータワー)
対  象 2年生 2クラス 80名
講  師 千原 清誠、三方 英美
コメント  河内長野市立千代田中学校は、南海高野線千代田駅から徒歩で5分くらいのところにありました。今回は、中学2年生を対象に、「発明工作授業(ペーパータワー)」を行ってまいりました。1クラスずつ2回に分けて行いました。
 司会進行役の千原弁理士が、最初に、弁理士について知っているか尋ねましたが、残念ながら手は挙がりませんでした。弁理士について説明した後、自転車のベルを例に挙げて、特許等の知的財産は無体物であることや、身近なもので知財のマークを探してもらって、商標や著作権の説明などを行いました。
 続いて、6チームに分かれて約25分でペーパータワーの作成に取り組んでもらいました。アイデアがすぐに浮かんで、どんどん進めていくチームがあったり、最初はどうするか方向性が決まらなかったけれども、トライアンドエラーを繰り返していくうちに、みるみる高いタワーを作り上げたチームがあったり、それぞれに工夫を凝らして完成させてくれました。完成後、まず、各チームの代表に、工夫したところを発表してもらいました。次に、タワーの頂上に「カップヌードル」を置き10秒間保持できるか挑戦してもらいました。結果、10秒間保持できたチームは、各クラスとも、半分くらいでした。10秒間保持できたチームのペーパータワーの高さを測り、一番高かったチームを優勝チームとしました。
 どちらのクラスも、みんな楽しんで取り組んでくれていたことが伺えました。この授業を通して、何かの課題を解決するためにアイデアを考える楽しさを実感し、これからも、発明や特許に興味をもってもらえたら嬉しく思います。







発想力豊かな生徒達と工作を行う講師



※「カップヌードル」は日清食品ホールディングス株式会社の登録商標です


« 戻る