HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」大阪府八尾市立美園小学校

「知財授業報告書」大阪府八尾市立美園小学校

日  時 平成19年1月24日(水) 午前10時45分~11時30分
場  所 大阪府八尾市立美園小学校
名  称 知的財産特別授業
内  容 君も今日からエジソン
対  象 第6学年2クラス 69名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 弁理士制度普及委員会
コメント 授業は、別建家の比較的広い教室で行いました。時間になると児童が順番に入ってきました。あいさつは「おはようございます」ではなく、「こんにちは」です。一説によると、午前10時以降のあいさつは「こんにちは」なんだそうです。
簡単な紹介の後に、いよいよ授業が始まりました。まず、ばね入りのレッサーパンダのぬいぐるみの登場です・・・が、あまりにも冷静な児童達に我々は苦笑いするだけでした。ただ、不安になったのはこのときだけ。授業が進むにつれ、徐々に児童達にも笑顔が見え始めました。元気よく手を挙げてくれる児童も増え、おとなしい児童に発言してもらおうと苦労したほどです。そして、最後のクイズでは、児童の興奮も最高潮に達しました。特に、○×が分れたときの正解発表では、大きな歓声が上がりました。そのとき見せた児童の一喜一憂ぶりは、一生忘れないと思います。
授業の後は、担任の先生の主導で児童の意見発表がありました。「弁理士さんはかっこいい」の発言には少々照れました。また、「僕は将来発明家なんですが、・・・」と切り出す児童にびっくりしました。これは言い間違えだったようですが、少なくともこの児童がいい発明をしたいと感じてくれたようでうれしかったです。
授業が始まる前は、弁理士を知っている児童の人数は0でしたが、授業が終わった時にはその数は69となりました。小さな大仕事をしました。この数をもっと増やせていければなあと思います。
最後に、吉本先生、森住先生、當別當先生、ご苦労様でした。特に、進行役の吉本先生には、調整や連絡等をして頂き感謝しています。ありがとうございました。



児童のみなさんに参加いただき講義を進める 森住憲一・吉本力・山田久就 各弁理士



近畿支部知財授業担当  山田  久就


« 戻る