HOME > 知財支援活動 > 知財授業 > 報告 > 「知財授業報告書」甲賀市立土山小学校

「知財授業報告書」甲賀市立土山小学校

日  時 平成18年11月24日(金) 午後2時~2時45分
場  所 甲賀市立土山小学校
名  称 知的財産特別授業
内  容 君も今日からエジソン
対  象 6学年1クラス 36名
担当部署 日本弁理士会近畿支部 弁理士制度普及委員会
コメント 対象人数が36名ということで、前後2列で横に広がって座ってもらいました。そのため、児童達全員が舞台に近く、発明品を間近で見てもらうことができました。
授業の導入部分では、緊張のためか児童達がおとなしく、舞台に上がることをいやがる児童もいましたが、授業の途中(ハムのパックに関する発明を体験する部分)からは自ら積極的に手を上げて舞台に上がる児童が出始めました。
F博士や怪人Xが登場する場面では、その扮装が児童達の興味を引き、場の雰囲気が盛り上がりました。また、発明を模倣されたF博士と発明を模倣した怪人Xについて、どう思うかの質問を投げ掛けたところ、F博士がかわいそうという意見が出ましたが、怪人Xが売っている安い製品を買うという意見も出ました。
最後のクイズでは、自動車やテレビを日本人の発明だと思っていた児童が多く、一方、乾電池を日本人の発明だと思う児童は僅かに一人でした。児童達には、身近な商品が外国や日本で古くに発明されたことを知って、驚いてもらうことができたと思います。



児童のみなさんに参加いただき講義を進める椚田泰司・山口修之・石津義則・仲谷實男 各弁理士(写真左)



近畿支部知財授業担当  椚田 泰司


« 戻る